campus フォレストキャンパス

© 2019 System Forest inc.

sitemap サイトマップ

Salesforce 外部IDを利用して、参照項目も一気に更新

Salesforce 外部IDを利用して、参照項目も一気に更新

Salesforceへ外部データを移行(Insert、Update)する機会があると思います。

その際、対象オブジェクトに「参照関係または主従関係」項目があると、ム、ムッ、Salesforce IDを一旦エクスポートしなくては・・・面倒くさいですね。。

あらかじめ参照項目となるオブジェクトへ外部IDを設定しておけば、データローダの「Upsert」機能(新規作成&更新)を利用して一度の処理でデータロードが可能です。
※参照項目のSalesforceID取得&設定は不要。参照項目へ外部IDを設定するだけでOK

今回は、カスタムオブジェクト「請求管理」の参照項目「取引先」へ、「取引先」の外部ID項目「取引先ID」を設定して「請求管理」を更新する方法を例に、ご説明します。

【準備】

・「請求管理」オブジェクトへ参照項目「取引先」を追加

・「取引先」オブジェクトへ外部ID用の項目「取引先ID」を追加し、外部IDをチェック

・上記で作成した「取引先ID」項目へ、一意となる値を設定

Step1.インポートする請求管理CSVファイルの「取引先」項目へ外部ID(取引先の取引先ID)を設定

Step2.データローダーでUpsert処理を選択

Step3.更新対象オブジェクトに外部ID有りの参照項目が存在する場合、外部IDを使用してマッチングするか否かの選択をします。

★ポイント★

Step4.項目のマッピングダ画面に参照項目の外部ID項目が表示されるので、これとCSVファイルの項目をマッピングします。

★ポイント★


Step5.あとは、データローダーのウィザードに従って操作を完了して下さい。

以上、ご参考になれば幸いです。

Inquiry

こちらからお気軽にご相談ください。

Recruit

私たちは共に働く仲間を集めています。