campus フォレストキャンパス

© 2019 System Forest inc.

sitemap サイトマップ

SkyVisualEditor 便利な「ページタイトル」機能

SkyVisualEditor 便利な「ページタイトル」機能

今回の技術ブログでは、Salesforce上の画面開発のツール「SkyVisualEditor」の便利な機能についてご紹介します。

Salesforceの標準レイアウトでは実現できない自由なレイアウトや、入力支援機能を備えた画面を、Visualforceでコーディングすることなくドラッグ&ドロップで作成できるSkyVisualEditorですが、「ページタイトル」機能を使うことで、ブラウザに表示されるタイトルを簡単に設定する事ができます。

たとえば、1のキャプチャはページタイトルを設定していないSkyVisualEditorの画面のページタイトルですが、レコードのName項目がブラウザのタイトルに表示されず、ブラウザのタブを複数開いている場合に、どのレコードを開いているかがわかりづらくなります。

1.ページタイトルを設定していないSkyVisualEditorの画面

20151119_01

一方で2のページタイトル機能を使ってSkyVisualEditorで作成した画面の場合は、 レコードのName項目がブラウザのタイトルに表示され、ブラウザのタブを複数開いている場合でも、どのレコードを開いているかがわかりやすくなります。

2.ページタイトル機能を使ってSkyVisualEditorで作成した画面

20151119_02

SkyVisualEditorではページタイトルに、マージフィールドを書くことで、Salesforceの標準ページレイアウトと同様の表示を実現できます。設定方法は次で紹介します。

■設定方法

1.SkyVisualEditorスタジオよりページタイトルを設定したいページを開きます。

2.画面右側の[ページ]タブ内の①のページタイトルにマージフィールドを記載します。 → ページタイトルへのレコード名を表示させる場合は以下の記載します。 {!record.name}  (今回は、『会費・入金管理|年会費:{!record.name}』を設定しています。)

3.画面をデプロイし、設定は完了です。

20151119_03

Inquiry

こちらからお気軽にご相談ください。

Recruit

私たちは共に働く仲間を集めています。