「福岡県IoT認定制度」で、4つの弊社IoTサービスが認定されました

株式会社システムフォレスト(本社:熊本県人吉市、代表取締役富山孝治)の4つのIoTサービスが、2019年12月27日に福岡県ロボット・システム産業振興会議の福岡県IoT推進ラボが認定する「福岡県IoT認定制度」で認定されました。

「福岡県IoT認定制度」とは、福岡県内企業が開発した優れたIoT関連製品・サービスの普及・展開を支援することを目的として創設されました。2019年10月から「福岡県IoT認定製品」の募集を開始。有識者による選定委員会での審査を経て、今回は第1弾として福岡県内企業の中から21社31製品・サービスが認定されました。
詳しくはこちらをご覧ください。

システムフォレストは、今後もIoT/AIをはじめとする先進IT技術を活⽤した取り組みを通じて、様々な団体・企業との連携を図りながら、地元企業の課題改善に向けて貢献してまいります。
認定を受けた弊社IoTサービスはこちらです。​

●「八女伝統本玉露栽培支援システム」(被覆管理) 
茶園の環境情報や茶芽の生育データを収集し、茶葉の品質との相関関係をデータ蓄積・可視化により分析しマニュアル化することで、生産技術の伝承を支援するシステム。現在、福岡県の農林業総合試験場八女分場で実証事業を実施中。
●窯業焼成炉管理システム 
陶磁器などを製造する焼成炉の稼働状況を管理するシステム。データを可視化することで稼働状況をリアルタイムに確認でき、異常が発生したら関係者にアラート情報を発信することで夜間交代勤務を不要とするなど「働き方改革」にも寄与。
●小型哺乳類害獣捕獲IoT「スマートトラップ」 
小型哺乳類害獣を対象とした捕獲遠隔監視を行うサブスクリプションサービス。罠にセンサーを設置、捕獲状況を監視するシステム。捕獲した個体情報や位置なども管理、センサー自体は害獣の種類に関係なく利用可能(アライグマやアナグマだけでなく、大型のイノシシやシカの罠でも利用可能)。 
●「みえる豚」(養豚業IoT管理)
エサや水、温湿度といった様々な環境情報、設備の稼働状況などのデータを可視化することで、効率的な養豚場運営をデータで支援するシステム。