第一電建株式会社

5年前、事業拡大に伴い、新たな顧客管理システムの構築を模索していた第一電建株式会社(福岡市博多区井相田)の髙山幸治社長は、旅行先のアメリカで初めてSalesforceに出会う。同社が掲げる「お客様の喜びと安心に貢献」の経営理念を実現するために必要なシステムだと確信し、帰国と同時に導入を決断する。

数ある顧客管理システムの中で、「これこそわが社に必要なシステムだ」と髙山社長が確信した訳は。自社のIT化戦略で大切にしているこだわりについて、同社取締役で髙山社長の実弟である髙山剛管理本部長に聞いた。

導入のきっかけ

5年前に社長が旅行でアメリカへ出かけた際、現地でSalesforceのイベントに参加したのがきっかけです。
当社の理念を実現する上で必要なシステムだと確信できたことが、導入の一番の理由ですね。




導入後の効果

担当者の記憶が頼りの顧客管理から脱却することができました

今までは担当者が自分で把握している情報を基に提案内容を考えていましたが、Salesforceを導入すれば、保存された過去の履歴から情報を取り出してふさわしい提案ができるようになります。これは営業する上で大きな武器になります。



どのように課題を解決し、どのような効果がでたのかは、PDF(詳細版)にてご覧ください。

	第一電建株式会社 資料ダウンロード




	第一電建株式会社 資料ダウンロード
お客様情報

お客様名
第一電建株式会社

拠点
福岡

	第一電建株式会社 資料ダウンロード