campus フォレストキャンパス

© 2019 System Forest inc.

sitemap サイトマップ

Lightning Experience の有効化について

Lightning Experience の有効化について

現在、「Lightning Experienceを有効にする」更新が順次適応されています。
「Lightning Experienceへ対応しておらずエラーが表示される」「見慣れない画面で操作方法が分からない」などこちらの更新で戸惑う方も多いかと思います。
Salesforce Classicへの切り替え方法自動での切り替えを無効にする方法をご紹介します。
 

Lightning Experienceとは

Salesforceの新しいUIです。
Salesforceの更新は、Lightning Experienceでのみ提供されます。
詳しくは、以下のFAQをご案内します。
※UIとは・・・ユーザーインターフェース、ユーザーがPCとやり取りをする際の入力や表示方法などの仕組み
 

更新内容

まだ有効になっていない全ての組織でLightning Experienceが有効化されます。
対象のユーザは毎週、自動的にLightning Experienceに切り替わりますが、更新が適応された後も、Salesforce Classicを使用することは可能です。
 

対象となるユーザ

  • 標準プロファイルのユーザ
  • 「Lightning Experience ユーザ権限」が有効化されたカスタムプロファイルのユーザ

期間

1月8日より順次、 LightningExperienceへの 切り替えが行われています。
2月1日までに全組織の切り替えが完了予定です。
 
 

Lightning ExperienceからSalesforce Classicへの切り替えの手順

1.Lightning Experience画面右上のアイコンをクリックします。
2.「Salesforce Classicに切り替え」をクリックし、切り替えは完了です。
 
 
 
 

Lightning Experienceへの自動切り替えを無効化する方法

 「Salesforce Classicにとどまる」が有効化された権限セット作成することで、自動切り替えを防ぐことが可能です。
 

権限セットの作成方法

1.画面右上の「設定」をクリックします。
2.クイック検索に「権限セット」と入力、「権限セット」を選択、「新規」をクリックします。
 

 
3.必要事項を入力し「保存」をクリックします。
 
4.「システム」セクションにある、「システム権限」をクリックします。
  「編集」をクリックし、「Salesforce Classicにとどまる」にチェックを入れ保存します。
「システム」セクションにある、「システム権限」をクリックします。
 
 
5.「割り当ての管理」より、権限が必要なユーザに割り当てを行います。
.「割り当ての管理」より、権限が必要なユーザに割り当てを行います。
 
 
 
6.権限を割り当てるユーザにチェックを入れ、「割り当て」をクリックします。
権限を割り当てるユーザにチェックを入れ、「割り当て」をクリックします。
 
 
Sealesforceの新しい機能の更新はLightning Experienceで行われます。
この機会にLightning Experienceへの切り替えをご検討いただければ幸いです。

Inquiry

こちらからお気軽にご相談ください。

Recruit

私たちは共に働く仲間を集めています。

ebook

システムフォレストが展開する様々なサービス・ツールに関するお役たち資料・ebookをご案内。
すべて無料でダウンロードいただけます。