株式会社ナップ

  まだ家賃保証という言葉が一般的ではなかった2001年当時、株式会社ナップ(東京都千代田区麴町、坂口頼邦社長)は、いち早く不動産賃料債務の保証業務をスタート。
 東京本社に加え、社長の出身地である熊本にもコールセンターとヘッドクォーター機能を置く2本社制を敷き、現在、九州を中心に、広島、名古屋、大阪など西日本の主要都市にも支店を展開する。
 3年前、審査申込や債権管理などの総務システムとしてSalesforceを導入した同社では、現在加盟店との情報共有によるスピーディーな顧客対応システムとして、さらにはコラボ商品など新商品の開発にも活用するなど、その役割は大きく広がっているという。
 今回株式会社ナップの志賀大祐総務部長に、より質の高いサービスと商品開発を可能にしたSalesforceの活用法と今後の取り組みについて聞いた。

導入のきっかけ

・ 変化の速い顧客のニーズに対応できるシステムづくりが大きな課題でした。Salesforceはカスタマイズの容易さと納期の短さでそうした課題を解決してくれました。



導入後の効果

・顧客管理、データ分析が簡単にできるようになりました。

・営業業績を担当別、エリア別に見える化することができることから人事評価にも使え、入居審査の受け付け、見込み客からの問い合わせに関しても検索機能で、すぐに対象物件をしぼりこむことができるため仕事がかなり効率化しました。

・データを利用することでしっかり考えて営業できるようになり、結果が出しやすくなっていると感じています



どのように課題を解決し、どのような効果がでたのかは、PDF(詳細版)にてご覧ください。

株式会社ナップ 資料ダウンロード




株式会社ナップ 資料ダウンロード
お客様情報

お客様名
株式会社ナップ

拠点
熊本

株式会社ナップ 資料ダウンロード