純国産RPAツール Windows自動操作ロボット WinActor

RPAとは

RPA (robotic process automation)とはルールエンジン・機械学習・人工知能などを活用し、業務を効率化・自動化する仕組みのことです。 主にバックオフィスにおけるホワイトカラー業務の代行を担います。人間が行う業務の処理手順を操作画面上から登録しておくだけで、ソフトウェアや、ブラウザやクラウドなどさまざまなアプリケーションを横断して処理する事が可能です。



RPAとは

RPAツール『WinActor』とは?

WinActorはExcel、ブラウザ、個別の業務システム等、Windows端末から操作可能なあらゆるアプリケーションの操作をシナリオとして学習し、PC操作を自動化するソフトウエア型のロボットです。ロボットに定型処理を任せることで、本来の業務や新規ビジネスに専念することができます。

導入前 オペレーターによる手作業の端末操作

RPA導入前 オペレーターによる手作業の端末操作

導入後 データを準備して実行ボタンを押すだけ!

導入後 データを準備して実行ボタンを押すだけ!

WinActorの特徴

Windowsで操作可能なソフトに対応 Windowsで操作可能なソフトに対応

Office製品(Excel、Access、Word、Outlook等)やInternet Explorerの操作はもちろん、ERPやOCR,ワークフロー(電子決済)、個別システム、共同利用型システムにも対応しています。

純国産生なので完全日本語対応

操作画面、マニュアル、サポートのすべてが日本語・英語に対応。対応言語を順次拡大中です。

パソコン1台からでも導入可能です

コンパクト設計でスモールスタートに最適です。また、特殊な環境構築は不要、PCにインストールするだけで利用可能です。

プログラミングの知識は不要です。
  録画機能によりオペレーターのPC操作を解析し、操作シナリオを自動作成します。

WinActorを起動し、記録モードに設定したら、あとはいつも通りPC上で操作を行うだけで操作の内容をWinActorがフローチャート化し、シナリオを作成します。導入したその日から、業務の自動化が可能です。追加や編集も簡単ですので、適宜業務内容に合わせて改善が可能です。

録画機能により動作シナリオ(アルゴリズム・ルール)を自動作成できます

録画機能により作成されたシナリオを、GUI操作により編集できます

導入イメージ

WinActorが指示書作成業務を代行・自動化

WinActorが、OCRを駆使し顧客にDM送信する業務を代行・自動化

動作環境

WinActor (version 5.1)
[ノードロック版、フローティングライセンス版のクライアント端末]


対応OS Windows 7 SP1, Windows 8.1, Windows 10, Windows Server 2016
対応ソフトウェア Microsoft Office 2010, 2013, 2016 ※Office連携時
対応ブラウザ Internet Explorer 11 ※ひな形作成機能使用時
推奨CPU 2.5 GHz以上の x86または x64プロセッサー
ハードディスク 空き容量 3.0GB以上
メモリ 2.0GB以上
ディスプレイ 1024 × 768 以上が表示可能なもの
※高解像度のディスプレイを使用する際に、Windowsの設定でテキストやアプリのサイズを変更している場合、
文字やアイコンのレイアウト崩れが発生することがあります。




WinActor Floating License ADMIN (WinActor FLA) (version 1.1)
[フローティングライセンス版の管理サーバ]


対応OS Windows Server 2016
対応ブラウザ Internet Explorer 11 ※保守端末
推奨CPU x64 命令セット対応 64 ビットの3.0GHz以上のプロセッサ
ハードディスク 空き容量 500MB以上
メモリ 2.0GB以上

価格

詳しい価格につきましてはお問い合わせください。

お問い合わせ