株式会社西日本新聞メディアラボ 様

西日本新聞メディアラボ 様


西日本新聞メディアラボ ロゴ

売上集計のスピードアップと見える化で
社員自ら考え営業できるようになりました。

代表取締役社長 吉村 康祐氏


営業を積極的に行う会社へ、企業文化を変える
  平成5年にFM九州の番組制作会社として「株式会社 匠塾」をスタート。
平成17年に株式会社メディアプラネットという社名に変更し、デジタルビジネスに参入。インターネット、TV番組のPRを母体とする制作プロダクションとして業務を行う中、西日本新聞社グループから発注される制作業務を一手に引き受けていました。
平成27年に「株式会社西日本新聞メディアラボ」に社名を変更し、西日本新聞社グループのデジタル事業会社として、新たにスタートされています。

代表取締役社長に吉村様がご就任されたときは、西日本新聞社本体から発注される業務がメインであり、「言われたものを言われた通りに制作する」というプロダクション会社の企業文化が根強く残っていました。
今後、市場で競争力を上げるため「営業する会社」へ企業文化を変え、営業力強化をすることを重要課題として上げられ、社内向けにビジネスマナーセミナーを実施し名刺交換の仕方から取り組まれた吉村社長。
営業力強化という課題を解決するためまず必要なものは、顧客データの整備と月次売上管理のスピードアップ。それを実現するためのシステムを探し、導入されたのが「Salesforce」です。

企業文化を変えるきっかけとなった「Salesforce」を導入することで社内改革をどのように実践されているのか、代表取締役社長 吉村様にお話を伺いました。

導入前の課題

・会社を成長させるためには、営業強化が重要課題。
しかし、顧客のデータベースがなく、名簿が年賀状のデータしかない


・顧客管理が整備されておらず、クライアント別の月次売上がわからない

・月次決算が出るスピードが遅い

西日本新聞メディアラボは、プロダクション業務が多く受託事業がメインだったこともあり、営業の仕事は制作ディレクターが兼務していました。また、西日本新聞社本体から発注される業務を一手に引き受けていたことで安定して仕事が入ってくる状況がありました。
もっと会社を成長させるためには、営業強化が重要課題だったのですが、顧客のデータベースがなく、名簿といえば年賀状のデータぐらいしかありませんでした。顧客管理が整備されておらず、クライアント別の月次売上もわからない、そして月次決算が出るスピードも遅いという状況を早く改善しなければならない!と思い、色々なセミナーなどに参加して情報を集めていた時に出会ったのが「Salesfore」です。

導入後の効果

・月次売上の集計スピードが1ヶ月→半月に!

・業務の見える化が進み、当月の売上金額が把握できるようになり、お客様へのプラスアルファの提案を行う意識が向上

・お客様を増やすためにはどうしたらよいのか?と社員が考えるようになり、営業強化へつながりました。

 

どのように課題を解決し、どのような効果がでたのかは、PDF(詳細版)にてご覧ください。

 


西日本新聞メディアラボ 資料ダウンロード
西日本新聞メディアラボ 資料ダウンロード
会社情報

会社名
西日本新聞メディアラボ

拠点
福岡県

ホームページ
http://www.medialab.co.jp/

西日本新聞メディアラボ

西日本新聞メディアラボ

西日本新聞メディアラボ 資料ダウンロード