株式会社システムフォレスト

技術ブログ

Salesforce ユーザの追加、無効化の方法

4月になり新入社員の入社や人事異動に伴い、Salesforceユーザ管理の作業が必要になる時期かと思います。
今回はユーザの新規登録と無効化についてご紹介いたします。

ユーザの無効化が必要な理由

Salesforceではユーザを削除することはできませんが、ユーザを無効化しSalesforceにログインできないようにすることが可能です。
無効化されたユーザは、組織で使用可能なユーザライセンスにカウントされません。
組織で使用可能なユーザライセンスを無駄にしないためにも、ユーザの無効化は重要な作業です。
 

ユーザの追加

1.画面右上の歯車マークをクリックします。

 

2.クイック検索に「ユーザ」と入力します。

 

3.「ユーザ」を選択し、「新規ユーザ」をクリックします。

 

4.必要事項を入力し、「保存」をクリックします。
  ※項目に赤色の印がついている部分は、必須項目です。

 ユーザ登録に関しての補足事項

ユーザ名 全世界で一意のメールアドレス形式である必要があります。
自動的にメールアドレスがコピーされますが、変更可能です。
ユーザライセンス 1ユーザにつき1ライセンスを割り当てる必要があります。
プロファイル
表示できるオブジェクトや項目、実行できる操作がこちらの設定にて決まります。
登録されるユーザの役割によって必要なプロファイルを割り当てます。
ロール Salesforceのデータに対するユーザのアクセスレベルを設定します。
必須入力となっていますが<未指定>でも登録可能です。
 
 

ユーザの無効化

1.2.はユーザの追加と同様の手順で、ユーザの一覧を表示します。
 
3.無効化するユーザ名の左にある「編集」をクリックします。

4.有効のチェックを外す操作を行うと、確認画面が表示されます。
  「OK」をクリックし、有効のチェックを解除します。
  変更を保存します。
 
5.有効化のチェックが外れ、無効化できていることを確認します。