大神設計株式会社 様

大神設計株式会社 様


大神設計株式会社 ロゴ

過去の様々な取引実績から、
未来の取引の会話につなげることで
営業力がアップしました。

取締役副社長 田中 祐治 氏


  現在、「生産設計部門」「建設サービス部門」「ファシリティマネジメント部門」「派遣部門」の4つの部門を中心に建設現場ではかかせないサービスを提供している大神設計様。その中でも、30年以上の歴史を誇る「生産設計部門」は、スーパーゼネコンや大手、地場のゼネコンから依頼されたビル・マンション・学校・病院といった様々な建築物の施工図作成案件で、多数の実績があります。
最近では、「建設サービス部門」において、現場写真の撮影や管理、手書き図面をCADデータへおこすデジタルトレースなどの「建設現場のデジタル化」をサポートするサービスでも業績を伸ばしていらっしゃいます。
近年、耐震偽装や地震による災害など近年問題とされる事象に伴い、建物の管理の重要性が増しています。建設現場における技術者不足などの課題がある中、大神設計様では、建設に特化した技術者派遣や、建物の資産管理で重要な劣化点検、特殊建物点検等のニーズにも応えてきました。時代とともに必要とされるサービスを提供し続けているのが大神設計様の強みと言えるでしょう。
サービスを拡大する中でなぜSalesforceが必要だったのか、またどのように活用しているのかについてお話しを伺いました。

導入前の課題

・取引企業が増えると同時に自社内の体制もサービス別に部門が分かれ、取引先担当者の情報管理が困難

・業界独特の顧客情報の管理をどうすればよいのか、非常に困っていた

 2008年ごろ大手ゼネコン様を中心に取引を展開していた時、リーマンショックが起き、会社として非常に大変な時期がありました。 その経験から、取引先の裾野をもっと広げ、拡大しなければならない!と痛感し、それから営業を強化しました。取引企業数が10社程度だったのが、今では150社以上に増え、業績アップへとつながっています。しかし、取引企業が増えると同時に、自社内の体制もサービス別に部門が分かれ、取引先担当者の情報管理が非常に難しいものとなっていきました。建設業界では、会社単位ではなく、取引先担当者である「人」にまつわる顧客管理が営業機会を作るため非常に重要です。そのような業界独特の顧客情報の管理をどうすればよいのか、非常に困っていました。

導入後の効果

過去の取引実績をアピールし未来の取引の会話につなげることで、営業力がアップしました!



 

どのように課題を解決し、どのような効果がでたのかは、PDF(詳細版)にてご覧ください。

 


三好不動産 資料ダウンロード
三好不動産 資料ダウンロード
会社情報

会社名
大神設計株式会社

拠点
福岡県

ホームページ
http://www.ohgami.net/

大神設計株式会社

大神設計株式会社

大神設計株式会社 資料ダウンロード